茨城県障害者ITサポートセンター

茨城県障害者ITサポートセンターでは、県内在住の身体障がい者の皆様に向けたパソコンに関するサポートを行っております。

例えば、障がい者用のソフトウェアについて相談したい、操作が分からないけど教えてくれる人がいない、パソコンを使用するにあたって困ることは多々あります。

茨城県障害者ITサポートセンターは専門相談員が皆様からのご相談を伺い、お答え致します。

お問い合わせ

住所

〒309-1703 茨城県笠間市鯉渕6550
(社会福祉法人自立奉仕会 茨城福祉工場内)

電話番号・FAX番号

0296-70-5733

対応日

月曜日・火曜日・木曜日・金曜日・土曜日・日曜日
(毎週水曜日・祝日・夏期(お盆)・年末年始はお休みです。)

対応時間

午前10時から午後5時

事業内容

ITに関する利用相談

障がい特性に応じた支援ソフトの導入支援、パソコン使用時におけるトラブル解決方法等について相談に応じます。

ご連絡の際にはお名前、お住まいの市町村、相談内容をお知らせ下さい。

来所相談(事前予約制)

電話やFAX、メールでの相談が難しい場合は、ご利用のパソコンを持ち込んでいただくことでの来所相談が可能です。

また、パソコンはもちろん、障がいをお持ちの方が快適にパソコンを操作いただける機器やソフトを展示しておりますので、体験や購入前の検討にもご利用いただけます。

ボランティア派遣

移動が困難な障がいをお持ちの方が在宅でサポートを受けられるよう、ボランティア養成研修の修了者がご自宅へ訪問し、操作方法等についてサポートを行います。

まずはお電話にてお名前、お住まいの市町村、相談内容をお知らせ下さい。サポートセンターでボランティアに協力依頼を行い、派遣致します。

相談事例

目が不自由で画面を見ることができないが、パソコンを使いたい

このようなご相談の場合は、目が不自由な方でもパソコンを操作することができる「スクリーンリーダー」というソフトをお勧めする場合がほとんどです。

スクリーンリーダーは各市町村で給付対象の福祉用具として認められており、購入時に市町村が費用を負担してくれる場合が多い為、センターからメーカーや製品名をお伝えした上で、相談者様ご自身でお住まいの市町村にお問い合わせいただいています。

パソコンをお持ちでない場合は、パソコンの購入相談も行っております。

お手元にパソコンとスクリーンリーダーをご用意いただいたタイミングでボランティアが訪問し、パソコンの初期設定、スクリーンリーダーのインストール、基本操作の説明などを行います。

手を自由に動かせず、キーボードやマウスを操作することができないが、パソコンを使いたい

ジョイスティック(ゲームセンターにあるコントローラーのようなもの)や、足で操作できるもの、ボタンひとつでパソコンを操作できる機器とソフトなど、キーボートやマウスの代わりになる機器やソフトはたくさんあります。

障がいの状態などを詳しくお聞きし、これらの機器やソフトのなかから利用者様が快適に使用できるものを提案させていただきます。