茨城県笠間市|就労継続支援事業A型

施設環境

働きやすい環境を目指して

茨城福祉工場では様々な障がいをもった従業員が、毎日いきいきと仕事に取り組めるように「働きやすい環境」作りに力を入れております。

バリアフリー

工場の敷地内は段差・階段は一切なく、すべて車椅子でも移動が可能なフラットな地面になっております。

屋外通路

屋外 安全通路の様子

shisetub-1

廊下の様子

トイレ等も補助具の設備がされています。

トイレ

洋式トイレの一例

shisetub-2

男性用トイレの一例

 

福祉車両

茨城福祉工場では、3台の福祉車両を所有しております。

茨城福祉工場で常備している福祉車両3台

◆スロープを使って車内に乗り込むタイプ【写真中央:1台】

手動操作によりスロープを車外に引き出し、電動ウインチの力で車椅子を車内に引き上げ、固定することができます。(車椅子収容可能台数:1台)

◆電動式のリフトが搭載されたタイプ【写真両端:2台】

電動操作により車いす専用のリフトを昇降し、安定した状態で乗り降りすることができます。(車椅子収容可能台数:各2台)

【写真左】のタイプは、側面のスライドドアを開閉した際、乗り降りがしやすいように補助ステップが自動で出てきます。また車内には手すりが付いており、車椅子の方のみならず、足の不自由な方もスライドドアからの乗り降りがしやすい装備となっております。

これらの福祉車両は、茨城福祉工場にて勤務されている方が、行事やイベントに出向く際や、多方面で活用しております。

乗り入れの様子

乗車の様子

 

安全と衛生面の配慮

安全衛生委員会活動

茨城福祉工場では安全衛生委員会を設置しております。従業員が安全で健康的に仕事に取り組めるよう、月に1度安全衛生委員会議を開催し、顕在するリスクの洗い出しや、健康被害が出ないよう対策案を話し合い、未然防止に取り組んでおります。

写真

屋外4S活動 風景

写真

安全運転の声掛け運動 風景

避難訓練

毎年避難訓練を昼の部2回、夜間の部2回、計4回行っております。

火災や地震などの災害に備え、身の回りの点検をするとともに、災害時における避難を安全かつ迅速に行えるよう、防災への意識を高めております。

地元消防署の協力の下、水消火器などを使用した消火訓練も行っております。

避難訓練の様子

避難訓練の様子

避難訓練の様子

避難訓練の様子

就業・業務の発注など、お気軽にお問い合わせください。 TEL 0296-77-8155/FAX 0296-77-8156 受付時間:8時30分~17時20分(土・日・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © 社会福祉法人自立奉仕会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.